測量・不動産・注文住宅・リフォーム 国土企画調査 株式会社|有限会社 国土不動産

コクドのブログ/国土企画調査 株式会社

2011年5月

日本蜜蜂

北九州のデパート、コレットの屋上で養蜂プロジェクトが始動した。西洋蜜蜂なのか、日本蜜蜂なのか定かではありが、素晴らしいプロジェクトと思います。 1昨年から、師山本憲太郎氏より、日本蜜蜂を飼いはじめました。 自宅の庭で!! これが意外なことに、逃げずに居てくれています。 住宅地の庭で蜂?しかも育てる? 近所迷惑な、刺されたらどうするん、飛び交う蜂は気持ち悪い、怖い、確かに、刺されたら痛いですし、腫れますし、その毒に弱い方は、3度目ではなく、2度目に呼吸困難に陥るほど、死に至ることもあるのだそうです。  私は4回刺されました。3回目を薬も付けず放置したところ、右手中指の第二関節付近を刺されましたが、翌日中指は、より丸く膨らみその翌日は、手首まで腫れました。 4回目は、右手小指を刺されました。すぐ薬を塗りました。腫れずに痛痒さが、3日間続きました。 蜂を飼うと決めたからには、今後も刺される事と思います。 そんなことでひるんでいたら、あの日本蜜蜂の蜜、それは授かることは出来ません。  次回にその奮闘、書いてみたいと思います。蜂の巣.JPG                      

カテゴリ: この記事のURL

宮崎GC&フェニックスCC

5月といえば、皐月、新緑の季節で、ゴルフするには最高の季節。 宮崎の紺碧の空と降り注ぐ初夏の太陽を浴びながら、思いの丈をぶっつけて、ゴルフいざ出陣!! JAL系jac3623、9時15の懐かしきプロペラ機にて、宮崎空港へ。 雨でんがな、、、、、えっ雨でござるか。わが友、野田幸三郎、それがどうしたみたいな顔にて、宮崎gcへ。わが仲間の安藤春吉、小倉から1人で、帰りの都合で愛車フーガ(800万くらいするそうな)にて、ご到着。  当然キャディさんとカートつき、雨にてカートを辞退し、仲良く4人でラウント。  時折空港離着陸の轟音が響きます。でも機体は見えません。熊本空港カントリークラブ、確かプロゴルファー不動さんの所属クラブですが、ここはフェフウエイの上を機体が飛びます。最初はびっくりしましたねー空港カントリー。  ここは爆音のみでした。

夜、橘通りに素敵なピアノバーを見つけて、3人で一献。もう34年営業しているとかで、ママさんは、恐らくは70歳を越えた、昔はとても綺麗だったろうなーという、でも34年って弊社も34年目でございますが、良くもお互いに潰れずにって感じです。 

土、日、祭日35,000円位かかるという、フェニックス。10年前は20,000円位だったのに、それが17,000円でプレイできるという、その魅力に負けて憧れのフェニックスGCエントリー でも雨です。誰かー雨男はと互いを非難しながらふと見ると、いました雨男。松田弘志、彼がゴルフ感じ12回やって、降らなかったのは、4回つまり8回は、雨だったというまさしくこの男しかいないという雨男。 そして2組にてラウンド。バックナインは雨があがり、やっと皐月の空が顔をだしました。3623.JPG      

カテゴリ:ゴルフ この記事のURL

終わりました、連休!

今日は6日、本来は今日も休んで、10日間の休みのはずなのに会社へきましたがな。   前半の4月末、久留米つつじ祭り、青木繁展、耳納連山散策、4日ゴルフ、これが全てで、あとは、可愛い日本ミツバチが分蜂するのを、毎日待つ日々でございました。 昨年から開始した、日本みつばちの養蜂家、養蜂を名のるには、10年早い! そうなんです、10年も20年も速いかも知れないのだけど、飼ってしまえば蜂の家主さまですから、とはいえ、この女王蜂が分蜂するのはこの4月、5月。昨年は4/7でした。デモ今年は、蜂は飛べども軍団では確認していないのです。金凌辺という蘭まで購入、、、この話は別のときに。

久留米つつじ今年で5本目のつつじ購入。1本目が、180センチ位ありましたが今年は、110センチくらいの若楓という名のつつじ。ピンクの濃い色をしています。  悔しいのは、買ってきた時の花の盛りが、植え替えた我が家では、まだ納得いくほどの、花のつき具合を迎えていないということです。そりゃ色々と教えて貰い本も読み、研究しているつもりだけど、何しろ土が相手のつつじ様。 我儘なんだか、買い主に似たというのか 、赤、桃色、白、その中間の色、どのつつじもつつじ公園のつつじより、見栄えが悪いのであります。  耳納連山の誰も手入れしていないと思われる、群生のつつじ、そりゃお見事!!!! 凄いです。  何故なのでしょうねーやはり土とつつじの相関関係がうまくいっているという、それしか考えられない。  やはり何でも其処にたどりつく気がいたしまする。 で我が家のつつじたちを、そういう関係に如何にもっていくかという、、、つまり時間がかかると言うか、時間をかけ、年月を経ないと、そうそう気安く咲いちゃくれませんということdegozaimasu。ひびいたわり、叱咤し、激励しながら可愛がっていかんと、咲かんということで、男と女の生き様にも似ている気がいたしまする。       

カテゴリ:アート|造園 この記事のURL

ジャズコレクション2011北九州 ファイナル

4/17、5年目のジャズコレ、ファイナル! 1169名の有料入場者。満席状態でした。満席状態は、4回目もそうでしたが、第1回目は、600人くらいで、2回目が800人位、3回目が1000人弱、4回目が1100人、営業成績バッグンのジャズコレ。規定席数は、1281名ですから、充分なんですねーこれからこういう企画を考えている方、いいステージを作るとお客様は、ほっとかないんです。   10人の侍の会が、主催したジャズコレ、ラスト2から7人になりました。主催者は減ったのですが、ボランティアスタッフは、32人殆ど替わらず続けて頂きました。このスタッフが居たからこそファイナルを迎えることが出来ました。このことも大きな意義がありました。20歳代TO50歳代まで、スタッフの方たちも恐らくいい思い出作りが出来たろうと、そう思います。私的に可愛い娘が、イギリスから帰ってきて手伝ってくれました。 

これから先、ライブステージを年に1.2回素敵なミージシャンたちと、やれたらいいなーと、そう思っています。メンバーから文句がでそうですが、、。

ご来場のお客様、ありがとうございました。

 

 

 

カテゴリ:音楽 この記事のURL
 
 
Copyright (c) 2009 国土企画調査 株式会社 | 有限会社 国土不動産 All Right Reserved.